その部屋はサバイバルだった。

a0288706_155541.jpg

2010年ころ撮影されたもの。
なんでしょうか?

答え:魚の骨。

え?なぜ魚の骨かって?
これは「非常食」だったのですよ。
2005年からとってあったもので、
当時、私は路上演奏のチップだけで暮らしておりました。
ひと月の路上演奏の収入は平均で105000円。

なんとしてでも1年やり通す為に、
エネルギー源は絶対に確保しておく必要があり・・・

かなり大量に残されていましたが、
残っている、ということはつまり、
食べずにすんだからということです。

ああ、何度か出汁をとったりしましたね。
[PR]
by akabane-paul-pott | 2012-11-18 01:10 | Comments(0)
<< ビリビリ 潜む者 >>