2014年 09月 08日 ( 1 )

装甲侍”無頼鬼怨”2014年ロケ②

2014年8月7日、
丹内心道氏、北海道へ出発。
続く8月8日、企画者たる斉藤竜明、出発。
a0288706_2272184.jpg

ギリギリまでスーツの制作やシナリオ修正をやっていたため、
フェリーの予約は最初からとっていなかった。

が、それでも問題ない、という確信があった。

大洗には出航時間の5時間前に到着。
コンビニによって腹ごしらえ・・・と思ってみると、
あちこちにこれでもか!というほどの
アニメの宣伝。

「ガールズ&パンツァー」。
実は、私も好きだったりする。
が、店内に並ぶアニメグッズは一切買うことは出来ない。
予算カツカツで来てるからだ。

私以外の俳優陣ロケ本隊は大洗ではなく
青森まで走っている。
かなりきつい旅程で来ているのだ。
私に無駄遣いの余裕はない。
a0288706_22152293.jpg
初めて見た!初めて食べた!


30年前のマシン「GSX400X」。
昨年の故障から、
発電機の交換、イグナイタ、イグニッションコイル交換、
フレーム修正、タンク修理など
新車が普通に買えるほどの大改装を施し
復活。

車両のレストアには、とある方の多大なる協力を・・・
いえ、この言い方だと私自身も努力したかのようだ、
「車両再生を請け負ってくれた方」がいるのです。
そのうえで、

念には念を、と伊達市の知人に軽トラを借りようと思ったが
旧車は故障するのは当たり前だとお叱りを受け
借りるのを断念、万が一の故障の際にはスタッフの車で牽引する方針に変更。
a0288706_22161478.jpg
まあ、牽引して移動する、という事態は発生しませんでしたが。

で、私が「予約無しでも乗れる」と確信していた理由がこれ。
「キャンセルが必ず出る」。
出発時間の5時間前に到着した理由。
受付で
「キャンセル待ちでお願いできますか?」
「はい、空きがありますのでどうぞ~。」

そう、待つまでもなく空きがあったのだ。
私がフェリーに乗船したとき、バイク用の乗船スペースには
10台以上の空きがあった。
私以外に少なくとも4名の予約無しキャンセル待ちで乗船したライダーが
いた。

あまりにも混むので、かなり早いうちから予約を取る人が多く
当日になって電話でキャンセル人が多くなる。
そして、実際のキャンセル待ちによって乗船する場合、
電話でキャンセル待ちを申し込んだ者より
現場(フェリー乗り場)に来ている人間が優先される。
電話でのキャンセル待ち予約の人よりも
確実に乗船するからだ。

a0288706_22322847.jpg
深夜便フェリーにはエコノミー(大広間に雑魚寝)はなくて、
一番安いのは寝台。
フェリーの中からはたびたび携帯電話が圏外になる。
a0288706_22343410.jpg


フェリーが到着したときはもう、北海道苫小牧である。
[PR]
by akabane-paul-pott | 2014-09-08 22:43 | Comments(0)